雲外蒼天ダイアリー

接客・販売系企業に勤めて8年。多忙な毎日の積み重ねで、自律神経失調症・パニック障害を発症しました。今人生初の長期療養中でお休みしています。読書や映画鑑賞が大好き!感情移入の速さが人並みを超えています… シンプルで無駄のないミニマリストに憧れる27歳のアラサー女です。命あるものの心身と向き合いながら日々好奇心や親切心を大切に人生謳歌中です。ジャンル問わず様々なことを書いていきます。どうぞゆっくりご覧下さいませm(__)m♪

【ご報告】入籍しました

 

こんにちは!

 

 

5日間空白の時間を空けていましたが、その間に色々なことが起こりました。

 

 

まずひとつは、ワタシが1番成長した場所がなくなりました。

 

 

その最後に立ち会うことはできませんでした。

 

 

思い入れの強い場所で、楽しかった思い出やつらかった思い出、20代のすべてが詰まった場所だった気がします。

 

 

なんとなくワタシの気持もリセットされた感じがしました。

 

 

そして、4/18は母の誕生日。

 

 

ワタシの家に招いて、一緒にケーキを食べてお祝いをしました。

 

 


f:id:aozoranikki:20190420112621j:image

 

 

最寄り駅にこんなにおいしいケーキ屋さんがあったなんて!

 

 

母はとろろにメロメロです。

 

キャットタワーから、キャリーバッグから何からとろろのために年貢を納めています。笑

 

 

ワタシたちはとても助かります(T_T)

ありがとう母ぁ~。

 

 

 

しかもとろちゃんとめちゃくちゃ遊んでくれるから、母が帰った後は爆睡。

 

 

こんなにみんなから愛されて、とろろは幸せ者だなぁー。

 


f:id:aozoranikki:20190420112912j:image

 

 

そして4/19は、結婚記念日となりました。

 

付き合った日がいつだったかさえまともに覚えていないワタシたち。

 

お誕生日だからといって特に盛大に何かをするわけでも無く、クリスマスだからといってケーキも食べない。

 

そんなことよりもお正月に食べるカニや豪華なお刺身が最高!

 

3カ月に一度くらい、何てこと無い日に、リッチなレストランではなくて、路地にあるこじんまりとした焼き肉屋さんで、いつもより少し多めに、いつもより良い肉を頼んで食べよう!というスタンスのワタシたち。

 

そんなゆるーい価値観がピッタリと合いました。

 

「ロマンチックなこととかやめて!サプライズとかやめて!金額じゃないから、大事なのは気持ちだから!!」

 

と耳にタコが出来るほど彼に言い続けたおかげで、結婚前夜もワタシたちらしく、明日から宜しくね~!くらいの感じでした。

 

 

(婚姻届の彼のハンコもワタシが勝手に流れで押しちゃったのは内緒です。笑)

 

(あの婚姻届には、ワタシとたまちゃんしかハンコ押してないってことになります。笑)

 

 

そんなこんなで迎えた19日の朝。

 

 

1ヶ月ぶりに化粧をして、区役所にでかけました。

 

 

あたたかい春の風が吹いていて、家の前の小学校には遅れて咲いた桜の花がぷっくりと満開になっていました。

 

 

こういうイベントごとの日は大抵雨を降らすワタシですが、今日ばかりは彼の方が勝ったのかな?晴天でした!

 

 

 

無事に入籍をして、結婚指輪を買いに行くあいだに母から連絡がありました。

 

 

 

そこで初めて結婚したという実感が湧きました。

 

 

 

一生結婚なんて出来ないと思っていたけど、きっかけになったのは少なからず病気のおかげもあります。

 

 

夜中になってもパニック状態がおさまらず泣き叫んだワタシの背中を、いつも寝ずにさすってくれました。

 

 

苦しい!痛い!つらい!とワタシに八つ当たりされて噛みつかれても、彼は何も言わずに支えてくれました。

 

 

母に絶対心配させまいと、彼とワタシの間だけでなるべく解決できるように、毎週毎週精神科の通院に付き合ってくれました。

 

 

活字が苦手で漫画くらいしか読まないのに、パニック障害うつ病に関する本を買ってきて一生懸命読んで勉強してくれました。

 

 

火が使えるようになったよ、

包丁持てるようになったよ、

発作が起きたとき自分で薬飲めたよ、

おにぎりの呪文で発作に勝ったよ、

電車に一駅だけ乗れたよ、

ひとりでお買い物できたよ、

箸ちゃんともってご飯食べれたよ、

 

こんな当たり前のことができたという報告にたいして、彼は目に涙を浮かべながら手を握って喜んでくれました。

たくさんたくさん褒めてくれました。

 

 

2年前の4月から始まっていた悪夢のような毎日を支えてくれた彼は、ワタシにとってただの主人なんかではなく、命の恩人です。

 

 

完治のために、ありとあらゆる策を考え、行動に移してくれました。

 

 

引っ越しもそうですし、とろろを迎えたこともそうです。

 

1番はワタシを妻にするという決意です。

 

惚気るつもりはありませんが、正直こんなに優しくて人のために一生懸命になってくれる人がいたんだと思ってしまいます。

 

 

誰に何を言われても『1番つらいのは本人なんだから』と、自分のことは二の次でまずはワタシを優先してくれる寛大な心にワタシと母は頭が上がりません。

 

 

この感謝の気持ちがあるから、この先つらいことがあっても大変なことがあっても、乗り越えられると思うし、彼の身に何かあったときはワタシは自分のことを二の次にして彼のために一生懸命になれる自信が持てました。

 

 

ワタシの周りには、ワタシを思って泣いてくれる優しい家族や友達がいる!って一緒に泣いてくれるような優しい彼が家族になるなんて、これ以上嬉しいことはありません。

 

 

結婚してハッピー!というよりは、これからワタシは彼の妻として、しっかり支えていきたいと思います。

 

 

 

なかなか人に弱音を吐けず、頼ることが下手なワタシなので、彼には遠慮無く弱音吐いて頼って甘えればいいやと、そう思います。笑

 

 

きっとワタシが生きてきた27年間の人生よりも長い時間を、これから彼と過ごしていくことでしょう。

 

 

母が彼の家族と近くなり、大きいひとつのファミリーになって賑やかになります。

 

ワタシは母の元から巣立ったのではなく、母も彼のファミリーに加わったのです。

 

 

ずっと二人三脚で生きてきた27年間から、今度は大家族の一員として、13人14脚ぐらいになってみんなで歩んでいくのです!

 

だからぜーんぜん寂しくありません。

 

むしろ母を守る人がたくさん増えてワタシは嬉しい!

 

 

こんな風に、どんなときも、前向きな明るい気持ちでいたいと思います。

 

 

しんどい話も笑いに変えて、いつも元気に笑っていたいと思います。

 

 

『失敗しても良いじゃん!すごいじゃん!』

 

いつも言ってくれる彼のこの言葉を、ワタシも彼に言ってあげられるように、寛大な心を見習います。

 

 

思いやりをわすれずに。

 

 

さっ、とろろのうんち片付けよう~っと!

 

 


f:id:aozoranikki:20190420122333j:image

 

_

【日常】キッチンに立てない

更新が中々できず、すみません~。

 

生活がとろろ様中心になったおかげで、自分の趣味の時間が見事に無くなったワタシです。笑

 

 

でも、とろろのおかげでワタシは家に居るときに笑顔が増えました。

 

何なら常に笑顔でとろろとおしゃべりしています。

 

 

はぁー本当にありがとう。

彼ととろろに感謝です。


f:id:aozoranikki:20190415090310j:image

 

最近、母がとろろのために立派なキャットタワーを買ってくれました。

 

母と彼と3人で組み立てをしたのですが、早速とろろはお気に入りになったみたいで、この小部屋のようなところで寝たり、ジャンプしてチェストに乗ったり(新規開拓されました…)新しいことにどんどんチャレンジしていて格好良いなぁと思います。

 

母、どうもありがとう。

 



f:id:aozoranikki:20190415090853j:image

これが立派なキャットタワー!

色もとろろにぴったりの優しいベージュで、部屋に置いたら白い壁と茶色の床ととても相性がよかったです!

 


f:id:aozoranikki:20190415090350j:image

こうやって上からワタシを見下しています(笑)

 

たまに上からおもちゃが降ってきます。

 

今までジャンプすることがあまりなくて、運動不足が心配だったのでキャットタワーがきてからピョンピョン登り猫らしくなってきました!

 

 


f:id:aozoranikki:20190415090410j:image

ひとしきり遊んだ後は、こうして眠そうな顔でお気に入りの毛布でふみふみして寝ます。

 

必ずワタシがそばにいないとダメなので、とろろのことを撫でながら抱っこしてると八割ワタシも寝ちゃいます。

 

 

朝早起きになったので、昼寝が至福の時間。

 

平気で4~5時間ぶっ通しで寝ちゃうとろちゃんなので、ワタシは物音たてないようにそーっと家事をするのです。

 

 


f:id:aozoranikki:20190415091332j:image

 


f:id:aozoranikki:20190415091346j:image

 

おうちに迎えた日から毎日つけている健康日記を最近アップデートさせています。

 

とろちゃんが、家族や友達みんなに可愛がってもらえるように。

 

考えたくはないけれど、とろちゃんの健康にもし万が一何かあったとき、病院の先生にとろちゃんの健康状態記録をしっかりお話しできるように。

 

 

これはとろちゃんのためでもあり、ワタシのためでもあります。

 

 

ペットを飼うということは、最悪のケースを常に考えながら危険予測しながら生活しないといけません。

 

 

今のワタシは、その危険予測が心身の状態によって判断できないときがあったり、もし~なってしまったら…と考えれば考えるほど涙が出てきてどうしようとパニックになることもあります。

 

でもこれを続けていくことがワタシにとってもトレーニング。

 

だから、細かく時間と内容を毎日記録して、ワタシがパニックにならないように、とろちゃんが元気な毎日を過ごせるようにしています。

 


f:id:aozoranikki:20190415090441j:image

 

ワタシがキッチンにたつと、爪を立てて足から背中、背中から肩へ登ってきて、ワンピースパジャマの中をもぐりながらピョコッと顔を出します。

 

痛いし、延々と続くし、ワタシは結果写真のような表情になるんだけど、とろろのこれがまた可愛くて可愛くて。

 

痛みに弱いワタシでも、とろろの爪痕は愛おしいし、引っ掻かれる痛みなんてすぐどっかにとんでっちゃいます。笑

 

 

とろちゃん早く大きくなってね~!

きみはワタシにとって、最高のお友達だよ(^^)

 

_

【猫日記】猫と生きるという選択

今回はこちら、

 

  1. 二人の生活から少なくなったもの
  2. 猫ちゃんから与えられるもの
  3. 生活リズム
  4. 猫という生き物
  5. 猫と共生するということ 

 

 

今まで「猫より犬派」だったワタシが「どっちも派」になったきっかけは、確実にこんぶくんのおかげ。

 

aozoranikki.hatenadiary.jp

aozoranikki.hatenadiary.jp

aozoranikki.hatenadiary.jp

aozoranikki.hatenadiary.jp

aozoranikki.hatenadiary.jp

 

これらはワタシが過去に綴ったヒマラヤン猫「こんぶくん」の記事です。

プロフィールにも書いてある通り、ワタシは昨年末からパニック障害自律神経失調症を患い今でもその障害と闘っています。

 

思い返せば、始まりは2年前の4月頃でした。

 

世間からまだまだ理解され難い病だと思いますが、本当にこういった症状は心も体もまるで自分のものではないような感じになり、つらく、失うものがとても多いです。

 

色々な療法を彼や家族や医師と、探して試してきました。

そのうちのひとつに、ペットセラピーがありました。

 

ちからを貸してくれたのはこんぶくん。

猫の手を借りました。

 

 

ワタシはこんぶくんのパパでもある彼のお兄ちゃんの姿を客観的に見ていて、まず生活スタイルが改善され、毎日をとても楽しそうに過ごしているように思いました。

 

 

会ったときは必ずこんぶくんの話題で笑顔になり、こんぶくんがいたおかげでワタシたち家族の絆も深まりました。

 

4/4におうちに迎えたとろろですが、ワタシも猫を飼うのは初めて。

とろろも人の家で人と生きるのは初めて。

 

お互いに初めてのことばかりです。

 

そこでワタシは大事なとろろのために、ブログやコラム、猫サイトを何日もかけてチェックし勉強しました。

先輩パパのお兄ちゃんにもたくさん相談しています。

 

現時点でワタシが感じた、また先輩方から得た「猫と生きるという選択」について書いていきたいと思います。

 

プロローグがかなり長くなりましたが、引き続き読んでくれたら嬉しいです!

 


f:id:aozoranikki:20190410080044j:image

1.二人の生活から少なくなったもの

 

今ワタシは彼と同棲生活中で、彼のご家族の理解もあり、様々な面での影響を考慮し私事ではありますが今月中旬に入籍することになりました。

数年間生活を共にしているワタシたちは、二人とも美味しいごはんや美味しいお酒が生きる活力になっています。

二人で過ごす「食の時間」というのがワタシたちには譲れないものでした。

 

しかし!

 

まず猫と生きるということは、譲れないものが少なくなります。笑

 

猫の身体能力というのは人間の想像をはるかに超えてきますので、夕飯どきの食卓なんてテーブルの上は猫にとって獲物だらけ。

食べる食べない関係なく、いつもないものがあるというだけで興味津々なのです。

 

そのため、ゆっくりご飯を食べる時間は無いと思ったほうがいいです。笑

 

四角いテーブルの四方から勢いよく飛び乗ってくるとろろ。

スライディングなんかも得意です。

おかげで今まで隣同士に座っていたワタシたちは、L字に座るようになりました(とろろ飛び乗り対策)

 

さらに、せっかく上達してきた料理の時間も少なくなりました。

 

ワタシがキッチンに行こうものなら、ごはんが貰えるのではないかという期待を胸についてきます。

 

そばにちょこんとおすわりして、じっと見つめて小さい声で『みゃ~っ』と鳴くのです。

あまりに可愛いその姿に、ワタシもつい「なぁに?^^」と反応してしまうのですが、そうすると次は爪を立てて足→背中→頭とワタシの体によじ登ってくるのです。

(ええ、もちろんワタシの体は傷だらけ血まみれですよ(^ω^))

 

危険ですし、そんなとろろを放ってはおけませんので、火を止めて包丁をしまってとろろの元へ行ってしまうんですね・・・

 

なので、ごはんもだんだん時短で作れる簡単飯になってきてしまいました。汗
 


 

 


f:id:aozoranikki:20190410080205j:image

 2.猫ちゃんから与えられるもの

 

とろろがおうちに来てからたった一週間で、すでに与えられているものは数多く。

一番は癒しです。

 

寝ている姿、寝る前のふみふみちゅぱちゅぱ、寝起きのあくびとのび~姿、遊ぶ姿、甘える姿、ごはんを食べる姿、うんちをする姿・・・

 

挙げたらキリがありません。

 

そしてワタシの場合は、ペットセラピーをしてもらっています。

 

 

眠い時はワタシの横でふみふみして寝たいよアピール。

お布団まで連れて行かないとしっかり寝てはくれません。

腕枕は当たり前、たまにお腹の上で寝たりします。

一日のほとんどを寝て過ごす子猫ですが、一緒にいると表情や行動で眠いんだなというのがわかるようになってきました。

 

この信頼関係もまた、とろろから与えられたものです。

 

 

先ほどの癒しの話ですが、彼が昨晩ネットで見つけたというある記事を教えてくれました。

それは、「猫のゴロゴロという喉鳴らしが、人にリラックス効果をもたらしている」というものでした。

 

ゴロゴロ音の周波数が、自律神経やホルモンバランスを整える効果があるのだそうです!!

不安を和らげたり、免疫力や自然治癒力を高める効果まであるとのことなので、まさにワタシにはとろろのゴロゴロが最高の癒しになっているのです!

 

 

もうひとつ大事なことがあります。

それは、



f:id:aozoranikki:20190410140110j:image

3.生活リズム

 

現代の社会はとにかくストレスの多い社会だと言われていますし、ワタシもそう思います。

現にはワタシはその社会のストレスとやらに、やられた人間ですから。

 

それによって体調を崩したり、疲れが取れにくかったりすることもあると思います。

 

でも人間にとって一番大事なことは、規則正しい生活です。

 

 

栄養価の高いものを摂取することや、添加物のないものを摂取することももちろん良いことですが、それよりも朝しっかり早く起きて太陽の光をたくさん浴びること。

 

日中は、できるだけ活動してリズムよく体を動かして、夜はある程度の時間にしっかり就寝すること。

 

 

一番大事なところってここだと思います。

 

 

ワタシは猫ちゃんを迎えるまで、休職をしている間基本的に生活リズム自体は彼に合わせているので寝る時間や起きる時間は今までとは特に変わっていませんでした。

 

働いていた時は、朝早くに起きて夜中に帰ってきて睡眠時間をどう頑張っても捻出できない・・・そんな生活を続けていたら心も体も休まるはずがありません。

 

彼もシフト制の仕事のため、固定された曜日の休みではないし日々の出勤退勤時間もバラバラです。

 

仕方ないことなのですが、これがいつまで経っても生活リズムを一定化させられない大きな要因のひとつになってしまっているのです。

 

ただワタシに関しては、とろろを迎えてから”必然的に”規則正しい生活になっているのです。

 

朝は早く起こされる。

起きたらすぐにごはんを準備する。

うんちを片付けて、自分もあたたかい飲み物をすする。

SNSの更新をして、とろろと遊んで彼を起こす。

 

このワタシ流朝活がとてもGOOD。

 

天気が良い日は洗濯も終わらせて、掃除まで午前中に終わらせられる。

 

正午を過ぎたらとろろのお昼寝の時間。

寝かしつけ必須な甘えん坊なので、添い寝をします。

2~3時間のお昼寝をしたら、ブラッシングや爪のチェック。

耳の掃除やトイレの掃除をしたり、遊んだりします。

そして夕方に2回目のごはんを終えたら、今度はお夕寝。

 

これまた添い寝が必要なので、すやすや眠るとろろの姿を眺めてワタシもちょっとうたた寝します。

 

今度はワタシと彼の夕飯の支度。

とろろも3回目のごはんを食べて、彼の帰りを待ってワタシたちもご飯を食べます。

 

ゆっくり晩酌できなくはなってしまったけど、ワタシはしっかり12時過ぎると睡魔が襲ってきます。

 

おかげで夜は爆睡。

とろろも爆睡。

 

日中、何もせずに屍のように過ごすことが無くなりました。

猫ちゃんパワー本当にすごいです。

 

 


f:id:aozoranikki:20190410140155j:image

4.猫という生き物

 

今まで、ワタシは勝手に「猫はひとりが好きで、あまり構わない方がいい生き物」だと思っていました。

 

犬より飼いやすいと言われがちですが、実際に迎えてみて

 

 

全然聞いてた話と違うやん!!!!!

 

 

というのが率直な気持ち。

 

とろろはまだ子猫というのもあると思いますが、とにかく甘えん坊なので体のどこかが触れていないと寝ないし、あとついてくるし・・・

ひとりでまったりしているところなんてまだ見たことがありません。

 

常にワタシか彼の横(正面の時もある)にいます。

 

構わないと煽ってくるし、体をよじ登ってくるし。

 

 

わんちゃんよりも、下手したら人に対して愛情を求めてくるんじゃないかと思うくらいです。

 

でもおトイレは本当に楽です。

綺麗好きで、しっかりうんちも隠してくれるし、前肢や顔回りも常にきれい。

ジャンプの威力は未知なので怖いですが、バランス感覚も良くて羨ましい。

 

そして賢い。

ワタシはとにかくとろろに話しかけるようにしているのですが、人間のように相槌ニャ―をしてくれるし、一生懸命あの手この手で意思を伝えようとしてくれる。

 

こちらもそれを理解したいから、一生懸命目を見て動きを観察して、話しかける。

 

それを一週間続けていたら、いつの間にか少しだけ気持ちがわかるようになってきました。

今はそっとしておいてほしいんだな、今は構ってほしいんだな、抱っこしてほしいんだな、、、大体ワタシの予想は当たって行動に移すとおとなしくお利口さんになるのです。

 

だから猫という生き物は、元々持っている本能はどうやっても変わらないけど、生きる環境、飼い主さんとのコミュニケーションでその子の性格は変わるし、思っていた以上に育てるのは大変だし毎日が事件。

でも思ってた以上に人間味があって面白い

 

 

 

そして最後に、


f:id:aozoranikki:20190410140248j:image

 

5.猫と共生するということ

 

ワタシたち人間は、会話という手段を使ってコミュニケーションをとっていますが、猫ちゃんと人間の間に言葉での会話がありません。

 

だから、いかに猫ちゃんの行動に配慮して、表情も仕草にも敏感にならないといけないと思います。(猫に限らず)

 

何日も家を空けられないから旅行も満足に行けない、

環境の変化に弱いから外へ連れまわすこともできない、

お家の中ではできるだけストレスのないようにのびのびとさせてあげないといけない、

ごはんの管理もしないといけない、

トイレの管理もしないといけない、

服なんかは毛まみれになるし、

生活の時間のほとんどをペットに持ってかれる、

 

こう思う人は、動物を飼うべきではないですね。

特に猫ちゃんは「狩り」とか「砂漠生活」とかもってる本能がワタシたちとかけ離れすぎなので信じがたい行動も本当にマジでガチで多いです。

 

痛みも伴います。笑

 

 

でもワタシは、上記の「できないストレス」が、

最高!とろちゃんのためにご奉仕できている!!

と持ち前のサービス精神が発揮されて、幸福感に変わっているわけです。

 

 

とろちゃんがおじいちゃんになったとき、『人間と一緒に生きて幸せだったにゃ~』と思えるような猫生を過ごさせてあげたい。

 

 

それをしてあげるためには、彼のような宇宙レベルに優しい心をもったパートナーがワタシにとって必要不可欠な存在です。

それに実家で飼っているモモちゃんというおばあちゃん犬の存在。

ワタシが子供のころから生活を共にしたのに、お世話は母に任せっきりで自分都合ばかりだったことがどれだけ失礼だったか今身にしみて感じます。

子犬だったモモちゃんが、あっという間に自分の年齢を越してよぼよぼになる姿を見るのがつらいと思ったこと何度もありました。

でもワタシと母のたった二人の生活に幸せを増やしてくれたのはモモちゃん。

 

幼馴染の親子からは、生き物を飼育するうえで大切なことをいまでもたくさん教えてもらっています。

 

たまちゃんも「人は人を裏切るけど、動物は裏切らないからね」と名言を教えてくれました。

 

 

ワタシの周りにはこうした先輩ママパパがいっぱいいるので、安心してとろろと共に生きていくことができます!

 

猫を飼うということは、人が猫に飼われるということ。

 

その覚悟をもって、ペットと生きる生活を楽しんでいきたいと思います。

ワタシの心も体も、とろろと一緒に成長していけたらいいな。

 

 

 

過去最長の記事です・・・

もし最後まで目を通してくれた方がいらっしゃったら、本当に心の底からありがとうございます!!!

 

 

引き続き、ご愛読よろしくお願いします。

 

_

【猫日記】とろろ、はじめてのお留守番

 

この日は、ワタシが子供のころ生まれ育った場所へ行き、役所で戸籍謄本をとってきました(^^♪

 

たまちゃんと母と一緒にお昼ご飯を食べて、お買い物をしながら病院に立ち寄り、ワタシの家に遊びにきました~!

 

 


f:id:aozoranikki:20190410075804j:image

朝からワタシは初めて長時間(と言っても5時間程度)留守にするというのが不安で心配で・・・朝ご飯を食べた後にすやすや休憩するとろろを見て泣きそうになりました。笑

 

 

重症。

 

 

しかも一人で乗り継ぎをして、1時間以上電車に乗るなんて久しぶりのこと。

そっちの心配もありましたが、駅についてから彼から写真が送られておきました。

 

 

『とろろが乗ってきたよ!』 


f:id:aozoranikki:20190410075842j:image

なんですかこの瞳・・・( ;∀;)

ホームで電車を待っていたものの、そのまま引き返したくなりました。笑

 

『おしごといっちゃうの・・・?』
f:id:aozoranikki:20190410075855j:image

こんな表情されてしまったら、抱きしめたくなります。

 

さあ、ここからお留守番ですよ! 

 

 

 

彼は仕事へ行き、とろろはおうちに一人ぼっちになりました。

 

 

ワタシは、無事ふたりと合流もできて戸籍謄本もゲット。

たまちゃんと母を連れて、自宅に帰りました。

 

 

玄関を開けた瞬間、リビングのドアの向こうからこちらを見るとろろさん。

 

初めてみるお友達の存在に???なとろろでしたが、


f:id:aozoranikki:20190410075915j:image

数分で懐いて、母の膝の上でぐっすり。

 


f:id:aozoranikki:20190410075949j:image

たまちゃんの膝の上で香箱座り。

 

 

ひとりのお留守番がよほど寂しかったのか、ぴったりくっついて離れませんでした。

 

 

たまちゃんと母を駅まで送るのに、夜またとろろを一人にしました。

そしたら、帰ってきたとたんワタシに跳びついてきて

 

『クンクン・・・ん??

 

 

この服じゃやだーーー!!!!怒』

 

と着ていたパーカーを猫パンチしまくり。

 

 

急いでいつものパジャマに着替えてとろろを抱っこしたら・・・


f:id:aozoranikki:20190410080006j:image

胸の上で喉を鳴らしながらふみふみして寝ました。(かわええええええええ)

 

 

とろちゃん、良い子にお留守番できたね。

えらかったね。

 

 

たまちゃん、母、ごちそうさまでした!

楽しい時間をどうもありがとう!!!

 

_

【食レポ】かた焼きそばとケチャップ事件

もういつのご飯だかわからなくなってしまいました・・・( ;∀;)

 

とろちゃんが来てからというもの、ごはんもまともに作れない。笑

ごはんまともに食べれない。笑

 

でも今日これを載せたのは食器です!

お姉ちゃん家族が贈ってくれたお祝いの食器が載せれてなかった?ですよね?

 

大皿というのがこちらです!

 


f:id:aozoranikki:20190408090050j:image

色が可愛い~~~~!!! 

 


f:id:aozoranikki:20190408090100j:image

これはタコとわかめを生七味とポン酢であえた酢の物です。 

だんだん料理が雑になっているのわかりますか?(笑)

 

とろろが爪を立てて

『ぼくのごはん!?ねえ、そうなの!?(興奮)』

とワタシの体をまるでキャットタワーかのようによじ登ってくるのです・・・

 

洗い物ならまだしも、包丁を使っているときや火を使っているときは危険なので料理に集中できない!

 

でも料理より確実にとろろの方にいってしまう溺愛のワタシです。

 


f:id:aozoranikki:20190408090114j:image

Amazonでおしっこシートと猫砂をかったつもりが、両方おしっこシートでした。笑

 

一週間に一回交換目安のシート、 40週分あります。

 


f:id:aozoranikki:20190408090428j:image

とろろはこうしでワタシの腕の中でねることが鉄板。


f:id:aozoranikki:20190408090438j:image

こんな大胆な寝姿を見ると、ワタシの心はどんどん癒されていくのですよ。

 

 

しかしこの日は、オムレツにかけてあったケチャップをとろろがちょんっと触ってしまった!!!

 

 

敏感になっているワタシは叫ぶ。

 

 

前肢にはたっぷりのケチャップが・・・

 

 

まるでそれは血のようで・・・

 

 

「ああ、とろちゃん可哀想に(ちがうだろ、ちがうだろおおおお)」

 

となってしまい、舐めないようにしっかりふきふきして。

ふきふきされている時にじっとしているとろろがまた可愛いのなんのって( ;∀;)天使やで

 

 

今まで夕飯がワタシたちの至福の時間だとお伝えしてきましたが・・・

 

 

至福の時間がなくなっていく!!!

 

 

その代わりに何よりも至福の時間をくれるとろろに感謝です☆

 

_

【親ばか】とろろの可愛いショット

こんにゃちは~(=^・・^=)

 

 

箸休めにとろろの可愛いショットをお贈りします。

 

 

足の上のとろ

彼の足の上はしっかりしていて、でんと構えるには最適の場所らしい。

f:id:aozoranikki:20190408093913j:image

 

彼のお兄ちゃん(こんぶパパ)が早速とろろに会いに来てくれました。

子猫の扱い方に慣れているお兄ちゃんにたくさん遊んでもらって、安心しきっている様子。 

ちんちん大公開です( ^ω^)・・・


f:id:aozoranikki:20190408085731j:image

 

お天気のいい休日。

彼もお休みだったので、とろちゃんのためにお家の模様替えをしました。

 

お気に召したのか、とても元気に遊びまわっていました。 
f:id:aozoranikki:20190408085804j:image

 

 

とろちゃんが寒くないように、ケージの中にタオルケットを敷きました。

お花畑をイメージしています。


f:id:aozoranikki:20190408085832j:image

 

 

とろちゃんベッドの上にはプーさん。

(ちっともここでは寝てくれません)


f:id:aozoranikki:20190408085850j:image

 

 

とろちゃんのために彼が段ボールで遊び場を作りました。

にゃんこの小窓から顔を出していました。

f:id:aozoranikki:20190408085940j:image

色んな仕掛けがあるので興味津々です。 

奇跡のたっち。
f:id:aozoranikki:20190408085951j:image

 

 

こんなとろちゃんのおかげで、ワタシは落ち込むことも忘れ、うつ状態がすっかりなくなりました。

 

毎日3回のご飯をつくるために時間を常に気にして、寝ているときも体調チェックしたり。

 

お昼寝の時は、ワタシが隣でなでなでしてあげないと寝てくれません(きっと今だけ)

 

 

なので眠いよ~っていうにゃーにゃの合図で、お布団に連れてってお気に入りの猫ちゃん柄の毛布をセットするのがワタシの大事な役目になっています。

 

 

うんちも合図してくれるのですぐに取らないといけません。

うんちの状態も確認して、あんよについてないか見て、拭いてあげます。

 

 

夕方の寝んねの時間には、座椅子に座って抱っこをします。

ふみふみしたらお布団にまた連れていきます。

 

夜中はワタシか彼のお腹の上に乗って、おやすみの挨拶をしてから寝ます。

 

 

甘ったれですが、生まれて早いうちからお母さんのもとを離れて、きっとまだまだ愛情不足しているとおもいます。

いつも癒しをくれるお返しに、たっぷり愛情注いでいきたいとおもいます。

 

 

ワタシはにゃんこを育てるのが初めてなのであqwwwwwwwwwwwwcふぃ9999999999999999999999999999999お←とろろがキーボードに乗りました(;^ω^)

 

気を取り直して

 

ワタシはにゃんこを育てるのが初めてなので、色々気を付けることなど詳しい方いたら是非教えてください!!

 

(左腕でとろろを抱っこしているので、右手のみでタイピング。だんだん慣れてきました。笑)

 

_

【食レポ】鶏むね肉の生姜焼きが煮になりました_0405

こんにちは!

 

とろろが来てからというもの、とろろとの時間が大事すぎてどうしても今までのように頻繁に更新が難しくなってしまいました。。。

 

 

でもおかげさまで、とろちゃんが来てから数日、とろちゃんのために何か出来ることはないか・・・と一生懸命になっている自分が、たしかに元気を取り戻しているんだと実感できてとても満足しています。

 

 

年齢のせいか、完全に母性本能が芽生えてしまいました。

 

とろちゃんの一瞬のしぐさや表情も見逃さない!って必死に観察を続けています。

そして日々とろちゃんが成長して、できなかったことができるようになっている姿を見て感動しています。

 

 

先日、彼のお姉ちゃんがル・クルーゼのペア食器を少し早い結婚祝いとして贈ってくださいました。

 


f:id:aozoranikki:20190408085429j:image

いつもはお米を夕飯で食べることのないワタシたち、この日は嬉しさのあまりご飯を食べました!!!

 

このお茶碗とは別に、平皿も2枚あります!

 

今日の晩ごはん

 


f:id:aozoranikki:20190408085452j:image

 

にんじんだのいんげんだの・・・紛らわしいメニューになりましたが、いんげんが大量に入って100円だったのでお弁当用に胡麻和えを作りました。

 

しかし尋常ではない量。

 

ということで夕飯に出してしまいました。

 

 

そして本当は生姜焼きにしようとしたのに、蓋した結果水気がなくならず煮物になりました。笑

 

 

まいっか。

 

 

料理をしていると、とろろがワタシの足をよじ登ろうとしてきます。

爪を立てるもんだから本当に痛くて痛くて( ;∀;)

叫びながら耐えるんですが、一生懸命登ろうとする姿も愛おしい。(親ばか)

 

 

そんなんなので、今までのように料理もじっくりできなくなりました・・・

 

サクッと作らないととろろが寂しい~!!と鳴くので、超時短飯になってしまった・・・

 

彼が帰ってくる前、玄関のチェーンロックを開けにいくのですが、わかるようになったのかドアの前から動かないとろろ。

 

きっとそんな姿を彼が見たらメロメロになると思います。笑

 

 


f:id:aozoranikki:20190408085539j:image

お昼寝するときは、こうして体のどこかしらにタッチして寝ます。

 


f:id:aozoranikki:20190408085634j:image

すごい寝相。

 


f:id:aozoranikki:20190408085652j:image

まいったな~、の寝姿。

 

 

たくさん寝て大きくなっておくれ・・・(*´ω`*)

 

_

【転機】病気の克服と、とろろ

 

 

aozoranikki.hatenadiary.jp

 

続きです。

 

4月4日、年末からお世話になっているメンタルクリニックに行きました。

その日は院長先生が不在の日だったので、女性の先生に診てもらうことになりました。

 

一番の目的は書類を書いてもらうことだったので、先生が違う人でもいいやくらいの気持ちでした。

 

(ここからは赤字がワタシ、青字が先生の大まかな会話です。)

 

 

 

ワタシさん、最近調子はどうですか?

 

・・・ずっと良かったんですけど、まぁ、先日久しぶりに発作が出ました。

 

そうですか。引っ越ししたんですね。どうでしたか?

 

大変でした。でももう一ヶ月経って落ち着いたので生活にも慣れて、以前より楽しく過ごせています。

 

それはよかった!ところで、以前の記録を見たらものすごい量の薬を出されていたみたいだけど、、、

 

年始くらいは、本当にボロボロで。それで彼の手伝いもあって、引っ越しをして環境を変えることにしたりしました。今はだいぶ減薬できたんですけど、つい二日前また飲みました。なんか急に不安になっちゃって。

 

そっか。これ、ここの部分、読んでみて。

 

□自分は人間としてどこか欠けている

□自分は何をやってもうまくいかない

□何かを言って波風を立てるくらいなら、黙って我慢したほうがずっとましだ

□人生がうまくいかないのは、今まで自分がちゃんと生きてこなかったからだ

 

これ以外にも何個か項目がありましたが、何個も何個も当てはまりました。

 

・・・先生、なんか悲しくなってきました( ;∀;)

 

だよね。笑

これが”気分変調障害”になりやすい人の特徴なのよ。

性格だから、すぐに治るものでもないし、それも個性でしょ?

はじめは薬に頼っても良いし、休むことは甘えじゃないからできることからやっていけばいいよ。

 

・・・へぃ( ;A;)

 

ところで、ワタシさんって仕事をしていたときどんなことしていたの?

 

接客です。モノを販売していました。

 

ほぅ。なんでその仕事を選んだの?

 

人と話すのが好きだったからです。

 

じゃあ、どんな時にやりがいを感じてた?

 

自分にコンプレックスを持っている人がワタシの接客を受けて変わろうと思ってくれたり、変わった姿を見せに来てくれたり、お客様の表情が明るく変化していくのを見るのが好きだった。『あなたに接客してもらって、意識が変わった』とか『やっぱりあなたじゃなきゃダメ!』とか言ってもらえるとお世辞でもやってて良かったと思いました。でも今はそんな風に人と話せないし、ワタシみたいな人に接客されても・・・(涙ぐみながら熱弁)

 

あーーーーOK!OK!

あなたが生きるうえで大事にしているのは、やさしさと思いやりなんだ!

サービス精神が旺盛すぎるんですね。

色々なストレスが重なって、今はそう思えなくても、あなたの根底にはサービス精神があるはずだからどんな仕事でも、どんな生き方をしていても、あなたの思いやりに支えられる人たちはたくさんいますよ。

だから安心してね。

 

 

じわーっと涙が溢れそうになりました。

今までは聞く耳も持てなかったというかそんな余裕ないほど体が辛くて仕方なかったけど、この日言われたことが一言一句頭から離れません。

何も言い返せなかったけど、先生は黙ってワタシのことを見て、「安心してね」と言ってくれました。

 

 

院長先生はわりと淡白で、落ち込んでいたワタシには変に寄り添いすぎない感じが心地よかったけど、このタイミングで女性の先生に診てもらって、たった15分程度なのにとっても心休まる時間だったと思いました。

 

 

やっぱりここの病院を選んでよかった。

 

 

診察が終わってから、付き添いで来てくれていた彼と病院をあとにして久しぶりにお買い物をしました。

 

一年前からずっと欲しかった靴~(*´▽`*)

5,000円しないくらいのものだけどワタシにとっては高価な買い物。

超~~~悩んで悩んでやっぱり欲しくてゲットしたので、絶対絶対絶対大事に履きます!

 

 

彼はレディース物のパンツ買ってた(細すぎだよ( ^ω^)・・・)

 

 

それで、なんとな~くこんぶを迎えたところに行ってみようと彼を誘って行ったんです。

 

 

目的は2階(=^・・^=)

 

 

こんぶのときの”高橋さん”がいました。

ワタシ、ここの高橋さん大好き。

きっと歴は浅いと思うけど、いつも一生懸命で、本当にねこちゃん愛してます!っていうオーラが伝わってくる。

いつも手には引っ掻き傷あるし。笑

 

 

こんぶを迎えたあと数回行ってるんだけど、その時にまだ生後2か月くらいだったアメリカンショートヘアーの子猫が成長してまだいた。

 

 

レッドタビーっていう毛色で、鼻先と肉球が薄いピンク。

 

 

じーっと見てたら色々考えちゃって、

 

 

 

保護猫の里親サイトもずっと見てたけど、NG項目が多くてなかなか行動に踏み出せなかったから、もうこれは、これは、、、これは!!!!

 

 

 

彼に「ツレテカエッテモイイ・・・?」って聞いたら、すごくすごく悩んで

 

 

 

『とりあえず抱っこ。抱っこしてみよう。』

 

 

高橋さんに声かけて、アメショちゃんを抱っこすることに。

ワタシが話しかけたら『こんぶくんの!!』と覚えててくれました。感動。

 

 


f:id:aozoranikki:20190406113222j:image

 


f:id:aozoranikki:20190406113241j:image

 

 

ねこちゃん2匹飼ってる高橋さんにいっぱい相談して、彼決断。

 

 

『よし、連れて帰ろう。』

 

 

 

っしゃ~~~~!!!!

 

 

その場で名前決まりました。

 

とろろ。

 

 

そう、とろろとこんぶ、二人合わせてとろろこんぶです。笑

 

 

ワタシが母親代わりになって、大事に大事に育てます。

たくさんお話しして、たくさん遊んで、たくさん食べて、たくさん寝て、とろろと一緒に成長しよう!

 


f:id:aozoranikki:20190406113325j:image

 


f:id:aozoranikki:20190406113356j:image

1日目の夜とろろ

 

 

 


f:id:aozoranikki:20190406113429j:image

 

 


f:id:aozoranikki:20190406113457j:image

2日目の朝とろろ

 

 

 


f:id:aozoranikki:20190406113522j:image

 


f:id:aozoranikki:20190406113605j:image

2日目の昼とろろ

 

 


f:id:aozoranikki:20190406113636j:image

 


f:id:aozoranikki:20190406113653j:image

3日目の朝とろろ

 

 

とろろを迎えて今日で3日目。

昨日の夜は早速ワタシのお腹の上で寝てくれました。

「とろちゃん!」って声かけると、『みゃっ』って寄ってきてくれるし、ワタシのあとを追っかけてくるし、ごはんもたくさん食べます。

寝っ屁するし、うんち踏んずけちゃうけど、それさえも愛おしい。

 

 

彼ほんとうにありがとうございます・・・( ;∀;)

 

 

廃れた心を癒す、最高の相棒が我が家にやってきました。

2019年の春は、ワタシにとって人生の転機だらけになりそうです☆

 

 

これからは、ワタシのブログにとろちゃんが多々登場することになると思いますが、どうぞあたたかく見守って下さい( ^ω^)・・・

 

_

【食レポ】わさび菜ごはんと近況報告

こんにちは!

 

 

最近更新滞り気味ですみません。

 

今日の晩ごはん

  • わさび菜の冷しゃぶサラダ
  • わさび菜の生ハムサラダ
  • セリと豚肉の炒め
  • もずく酢

 


f:id:aozoranikki:20190405155444j:image

 


f:id:aozoranikki:20190405155502j:image

わさび菜安かったので、2等分にしてサラダにしました。

まずは生ハム(レモン汁+オリーブオイル+岩塩)

 

もう一つは冷しゃぶ(ポン酢) 

 

 

 

 

翌日・・・


f:id:aozoranikki:20190405155525j:image

某大衆居酒屋さんのメニューにあったトマトキムチにハマったので家で作ってみました。 

 

トマトを湯剥きして、エバラ キムチ鍋の素に漬けるだけ。

レモン汁足したらさっぱりして美味しかったですよ~!

 

 


f:id:aozoranikki:20190405155557j:image

久しぶりにこんなの食べちゃった。

 


f:id:aozoranikki:20190405155616j:image

チーズとか加えちゃって。

 

辛いものから遠ざかっていたからか、蒙古辛すぎて完食できず。 

 

 

実は、数日前から何回かパニック発作がでました。

これまた久しぶりだったので対処方法が思い出せず、さらにパニックになり。

 

減薬していたものを復活させることになりました(T_T)/~~~

 

 

でも薬飲むと本当によく眠れるし、変な頭痛も治まるし、こういうのは良くなったり悪くなったりを繰り返すものだとのことなので気長に付き合っていこうと思います。

 

発作が起きたときは、

なんで良くなっていたのにこうなっちゃうの?

せっかく環境を変えたのにまたなっちゃうの?

 

ってめそめそしてたけど、彼がかなり強くなった(と思う)

 

 

ワタシが発作起きようとも、落ち込もうとも、平然と「大丈夫だから」を繰り返してくれました。

 

 

幼馴染ちゃんなんか、とっても前向きなことをたくさん言ってくれて、笑わせてくれたので落ち込んだ気持ちは吹っ飛びました。

 

 

でも、記録として一応残しておきます。

 

 

  • 発作が起きる前、ものすごい動悸がした
  • 全身の力が抜けた感じで何もする気になれなかった
  • 理由もなく涙がいっぱい出た
  • やっぱりワタシみたいなのは、何もできないままなんだとか思っちゃった
  • 音も光も煩わしかった
  • なんか知らないけどお腹が痛くなった

 

発作が起きたときのことはほとんど覚えていないけど、叫んだ?泣き喚いた?とりあえず疲れ切ってぐったりしているところに彼が帰宅して、、、

 

一日ほとんどの時間、一人で誰とも話さないで、テレビも見ないで、無機物としか接触しない生活がストレスになっていたのかもしれない。

 

だからと言って、毎日誰かしらに会うなんてことしたら、ワタシのビーカーはいっぱいになりパンクしてまた振り出しに戻る。

 

 

何をすればいいのかな~と思ってたら焦ってパニックになったんだ、そうだ、思い出した。

 

 

で、ちょうど別の用事もあったのでいつも行く病院に行きました。

その時にいつもとは違う先生だったのですが、とても参考になるお話をしてもらったので次の記事に書きます。

 

_

【食レポ】彼の休日にできる贅沢飯_0401

 

こんにちは!

 

前記事にも書きましたが、牡蠣が6つで250円激安!!!

 

 

aozoranikki.hatenadiary.jp

 

今日の晩ごはん

  • 牡蠣牡蠣牡蠣牡蠣牡蠣牡蠣牡蠣・・・
  • セリと豚肉の炒め
  • 肉巻きネギネギ棒
  • もずく酢
  • 葉たまねぎの和え物(昨日の残り)

 

 


f:id:aozoranikki:20190402130608j:image

 

彼が休みの日の夕飯は、いつもより格別においしい。

その理由は、出来立てほやほやを頂けるのと、早い時間に食べられるから!

 

 

いつも帰りの時間が遅い、本当に遅い。

寝る時間から逆算してご飯を何分で食べないと!と生活してるので、ごはんの支度~お風呂~食べる~寝支度~を超効率的にやらねばならない。

 

でも彼が休みの日は、夕方までに食材のお買い物をして、一緒にご飯の支度をして、その前にお風呂も済ませられて、最高のコンディションで夕飯に臨める。(必死)

 

 

しかも今日のメニュー

 

 

見ればわかる、最高なヤツやん!!(*´▽`*)

 

 

おかげさまでワタクシ、最上機嫌な一日を過ごせました。

 

 

まずは、保存しておいた長ネギを使って肉巻きネギネギ棒を作る。

 


f:id:aozoranikki:20190402130623j:image

(このネギ3本100円~超やす~しかも太~)

 


f:id:aozoranikki:20190402130638j:image

んでこれを、しゃぶしゃぶ用の豚肉で巻き巻き。

竹串でぶっ刺します。 

 


f:id:aozoranikki:20190402130700j:image

フライパンにごま油敷いて、焼きます。

しっかり火を通すために、蓋をして弱火で3分ほど。(蓋がないのでアルミホイル) 

 


f:id:aozoranikki:20190402130716j:image

粗挽き塩コショウを振りかけたら、完成!

 

今度はエリンギとかプチトマトで作っても美味しそう(^ω^) 


f:id:aozoranikki:20190402130730j:image

セリさん。この量で100円。

食べやすい大きさに切って、豚肉と炒めます。

 

味付けは塩コショウとだし醤油少々のみ!

 


f:id:aozoranikki:20190402130741j:image

これちなみに今日も食卓に並びます。

セリはシーズンが終わるとスーパーに並ばないので、食べれるときに食べておく!

 

今までセリはお鍋にしたりお浸しにするだけだったのですが、彼が

『炒めたら歯ごたえ残って美味しそう!』

と言っていたので炒めてみました。

 

茹でるより100倍美味しかったです。

セリの独特な香りがしっかり残ってて、歯ごたえも良し。

空心菜のような食べ応えで、味もしっかり吸ってくれるので炒め最高でした! 

 

 

 

もう一度言いますが、

 

 

今晩もこれ食卓に並びます!!!!

 

 

 


f:id:aozoranikki:20190402130758j:image

これが噂の6個で250円だった牡蠣!!

生食用として売られていたけど、鮮度がちょっと心配だったので調理方法は彼におまかせしました。

 

 

彼はワタシが炒め物を作ってる間、牡蠣を3個ずつお皿に乗っけて、そのまま電子レンジにぶっこみました。

 

ええええええそれ大丈夫なのおおおおおおお(;゚Д゚) 

 

 

レンジで5分

 

 

途中、パァァン!!と何かが破裂する音がしたのですが、彼は冷静に大丈夫だよと言ってテーブルセットに移っていました。

 

 

チン鳴って、レンジをあけたら中から煙に包まれて牡蠣登場。


f:id:aozoranikki:20190402130810j:image

 

おいおいおいおいおいおいおい

なんだこれ最高じゃないか。

 

 

これ1個50円しないなんて、超しあわせハッピー!!!! 

 

 

ここにレモン汁をちょっとかけて、口に入れた瞬間

 

 

 

 

ワタシ、サケンダ。

オイシスギテ、サケンダ。

 

 

 

2巡目いこう、いっちゃいましょう!!( ・`д・´)

 

 

 


f:id:aozoranikki:20190402130820j:image

ひとつ破裂しちゃったみたい。残念。

 

 

もう二人とも、熱いまま食べたいよね!つってキッチンで立ち食い。笑 

 

 

 

ま じ で 美味しかった。

 

これが6個250円なんて信じられない本当に信じられないアンビリバボー

(わーったよ、しつこいよ)

 

 

昨日は食べ始めも早かったから、ゆっくりごはんを楽しめて本当に良かった。

最近は、彼のお休みも賑やかな日が多かったので久しぶりにふたりご飯で穏やかな一日になりました。

 

 

ご飯を食べるときワタシたちが観る番組は(毎週録画)

だいたいこれから始まります。

全部食べ物系。笑

 

 

 

平和だなぁ。

 

 

ご飯がより一層おいしくなる魔法ですね。

 

 

 

 

さてさて、昨日の牡蠣事件でレジの間違いがあり返金のため今日もスーパーに行ってきました。

 

 

無事差額もいただいて、帰っていたところ、

 

 

 

ドーーーン

 

 

OMG(-_-;)

 

 

年配女性が乗っていた自転車がワタシの背後から衝突してきたんですね・・・

 

 

痛み<驚き だったので何も言えず何もできずだったのですが、相手は

 

 

『あら失礼』

 

 

だけ口にして走っていってしまいました・・・。

 

 

立ち止まって考えてみたんですけど、

ここ、

歩道なんですよね。

 

しかもガードレールまであって、ワタシはその内側を歩いてたんですよ。

もちろんスマホいじってませんよ。

ただ黙々と前を向いて歩いていたんですよ。

 

 

で、後ろからぶつかるということは、そのおばさん(もうおばさんでいい)歩道の内側を自転車で走っていたってことなんですよ。

 

 

さらにワタシをよけて走っていくとき、自転車のハンドルのところにスマホをくっつけてあったのを見たんですね。

 

 

 

えーもう絶対スマホ見てたからぶつかったんじゃないの?

 

 

ワタシはただ走り去っていくおばはん(もうおばはんでいい)の後ろ姿を見るだけで、そのあとトボトボ歩いて帰るしかなかったんだけど、どうも納得いかなくて。

 

 

悔しくて涙でてきて( ;∀;)

 

 

やり場のないイライラを地面にぶつけながら帰りましたとさ。

 

 

家に帰ってきて、その時のことを思い出して、まただんだん怒りが込み上げてきて、

 

 

ぜーぜーなりそうだったから毛布にくるまって叫びました。

 

 

 

ったく。

今晩はお互いに鬱憤晴らすプンスカ飯になりそうだぞ!

噛み応えのある、ストレス発散できるメニューにしよ。笑

 

 

みなさんも車だけじゃなくて、自転車にも気をつけましょうね!!

世の中には謝ることもできない大人、いっぱいいますからね!!

 

 

_